SANTE DENTAL CLINIC (サンテデンタルクリニック)

MENU

ご予約・お問い合わせ 045-642-8469

スタッフ紹介Introduction of staff

院長 白井 健太郎

最大限天然歯にこだわる

SANTE DENTAL CLINIC (サンテデンタルクリニック) 院長 白井 健太郎

最大限患者様ご自身の歯のままで
いてほしい

はじめまして、SANTE DENTAL CLINIC(サンテデンタルクリニック)院長の白井健太郎です。

昨今、歯を失った部位にインプラントで歯を取り戻す方法が一般的になってきた反面、トラブルや不具合が増えている問題があります。私も歯を失ってしまった場合には、インプラントはとても有効な方法の一つであると考えております。

しかし、歯を抜いてインプラントをする前にまだ歯を残すために、治療をやり残している場合があります。大きな虫歯や歯周病、根の先の炎症によって、歯の周りの骨が大きくなくなってしまった、そんな状態でももしかしたら粘り強い治療によって治すことができる可能性があります。

ですが、どんな治療をしても残念ながら歯を残せない場合もあります。その場合、歯を抜かなくてはなりません。いよいよインプラントが選択肢に入ってきますが、インプラントはどんなに良いものでも異物です。

歯を失ってしまう場合でも、様々な条件がありますが、健康な親知らずがある場合にはそれを移植する方法が残されています。体の中に異物を埋め込むのと、自分の体の一部を利用するのではどちらが安全かは言うまでもありません。これらの道が、全て閉ざされた場合にやっとインプラントが最良の手段と考えています。

また、歯科治療を受ける際に不安なことの一つに、「どんな治療をしているのかよくわからない」ということがあると思います。これは治療する歯科医師の説明不足に理由があります。患者様との会話の中で前の歯医者で「歯を削られた」「歯を抜かれた」このような声をしばしば聞きます。恐らく前の先生も悪い歯を治したいが為に行ったと思いますが、これでは誰も報われません。治療に入る前に必ず患者様にしっかり理解してもらえるまでじっくり説明し、治療を進めていくことを心がけています。

「治療した歯がまた虫歯になった」「同じ歯がまた痛い」といった再治療が多いのも現実です。これは精度の低い修復物や治療が原因です。 高倍率の拡大視野下で精密な治療をすることにより、再治療をできる限り少なくしたいと考えています。

「できるだけ自分の歯を残したい」「インプラントしか方法はない?」「何度もやり直す治療はしたくない」「安心できる材料で治療したい」そうお考えの患者様に、①徹底した診査による的確な診断、②充実の医療機器、そして③確かな技術力でお応えします。

略歴
2005年
明海大学歯学部 卒業
国家試験合格
東京・神奈川・千葉・埼玉の
医療法人に勤務
2016年
SANTE DENTAL CLINIC 開業
所属学会等
SBC(Surgical Basic Course)
インストラクター
SAC(Surgical Advance Course)講師
5-D Japan
5-D FST
日本口腔インプラント学会
日本顎咬合学会
日本メタルフリー歯科学会 評議員
歯科技工師 ブライトデンタルアーツ 伊藤 和明

歯を造る歯科技工師

ブライトデンタルアーツ 伊藤 和明

人工の歯、特にセラミックで造る被せ物や詰め物の歯の製作は、セラミック修復物を専門とするセラミストと呼ばれる歯科技工師に依頼します。院長とは6年以上の付き合いがあり、全幅の信頼を寄せる歯科技工師です。国内有数のスタディグループに所属し、国内外の著名歯科技工師のセミナーを受講するなど、向上心に溢れる方です。

診療案内Medical Guidance

  • 一般歯科
  • 審美歯科・メタルフリー
  • インプラント
  • 歯周病
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 口腔外科
  • セカンドオピニオン